若社長に嬉しいサービス|ベンチャーサポートの実態

男の人

伝票やレジスターは不要

posシステムが利用できるタブレットは、様々な会社が参入していることもあり、急速に広まっています。導入コストの安さの割に、高機能でありながら直感的な操作でわかりやすいという点が評価されているのでしょう。操作性にも優れているので、パソコンが苦手な人でも利用できます。

起業を考えるときの味方

地図を見る人形

人と人のつながりを大切に

近年は終身雇用制という言葉も薄れ、多種多様な働き方をする人が多くなりました。そして企業で働いているうちに、独立して起業を考える人が増えている事実があります。しかし起業しようと考えたときには、様々な問題が浮かび上がります。事業資金の問題や経営の仕方、従業員の雇用など、起業するにはあらゆる面でクリアにしておくべき問題があるのです。例えば起業した時のメリットは、登記による信用性、税金対策、融資が受けやすいなどといったものがあります。ただ起業する際には資本金や投資などにお金がかかります。また社会保険加入の義務や税理士への報酬なども必要になってきます。このように企業を考えた場合、メリットとデメリットの双方が発生するわけですが、これを明確に判断することは極めて難しいとも言えるのです。そこで、起業家を助ける立場の税理士や社会労務士の存在が、ベンチャーサポートなのです。ベンチャーサポートと一般の税理士や社会労務士の違いは、何といってもその名の通り「ベンチャー」つまり起業に関するサポートを受けられることです。新しく会社を設立する際にわからないことをクリアにする手助け、設立後の問題点のサポートなど、ベンチャーサポートは企業を考える人専門の手助けなのです。近年は、給与計算ソフトが普及し、税理士や社会労務士の仕事は減りつつあります。しかし、ソフトのように画一的な管理では対応できないのが実際のビジネスです。ベンチャーサポートは契約した事業所それぞれに合わせたサポート体制で、人と人とのつながりを大切にしています。単なる出納処理、単なる規定だけの契約ではなく、もっと事業に寄り添う形なのがベンチャーサポートなのです。

税金の安い地域

握手

パスポートを使った場合には90日間しか香港に滞在できませんが、ビザを取得する事によって長期間の滞在が可能になります。香港は日本に比べて税金が安く世界中の企業が集まっているため、ビジネスを行う場所としてメリットが大きいです。

オンラインで申請できる

ビル

香港での会社設立には、それぞれ1名ずつの取締役と会社秘書役、最低資本金1香港ドルが必要です。申請は日本からオンラインで行うこともできます。申請手数料として会社登記料と商業登記料などの手数料が必要となり、申請が却下された場合には支払った手数料の一部は返還されません。